試作を始めてから約半年経った2002年9月、詳しいレシピ付きで発売したケンタミックスパウダーは、レシピ通りに作ると、フライドチキンのそっくりさんができるとあって大評判。あの「2ちゃんねる」でもあることないことで話題になりました・・・

当店のショッピングサイトはもちろん、ヤフオクに1円スタートで出品したのですが。10個ずつ出品しても1〜3日の内にすべて落札希望価格1000円に到達し売り尽くしてしまう勢いでした。
しかし発売当初は、何か違う何か足りないという思いが拭いきれなかったのです。
もちろん、ご購入戴いたお客様からのご指摘やご意見も少なからず戴きました。

実は「ホンモノ」には、スパイスやハーブの内容以上に、おいしさを作りだす隠し味的存在の何かが含まれているようなのです。
吉祥園では、販売を続けながら、試行錯誤を繰り返し、改良に改良を重ね、かなり近いところまでこぎつけたのです。
この間約2年、多くのお客様に戴いた貴重なご意見、アドバイスがあってこそ今の味があると言っても過言ではないでしょう。
c50bi046.gif c50bi043.gif
商品袋の裏面に記載のレシピ通りに調理すると、限りなく
ホンモノに近い味と食感をお楽しみいただけます
圧力鍋で揚げるとなぜ美味しくなるのでしょう。
水は通常の気圧だと100℃で沸騰しますから、たとえ180℃の油で揚げても肉に含まれている水分は最高でも100℃にしかなりません。
標高の高い山の上では、気圧が低い為、80〜90℃前後で沸騰してしまいます。
だから澱粉がα化しないせいで、おいしく炊けないというのはご存じのかたも多いと思います。同時に、温度の低いせいで芯のあるご飯になったりもするのです。

圧力鍋で炊飯や煮物料理をすると、鍋の中が高い気圧になる為、水の沸点が高くなって100℃を越えても沸騰せず、120℃近くでようやく沸騰します。
だから超高温で炊くこととなり、ご飯も、魚の骨までも柔らかくなり、澱粉はα化して甘くなるというわけです。
キャンプ等で使う「飯ごう」は機密性の高いフタ構造により、圧力鍋に近い効果があり、地でもご飯が美味しく炊けるのです。「かまど」で炊く羽釜の重い蓋も同じ効果を得ているんですね。鯖缶の骨が、あんなに柔らかいのも同じ理由なんですね。

水に対して食用油は沸点が200℃を越えるので、100℃や150℃では沸騰しません。
ところが、高い気圧の鍋の中で高温の油に浸された肉の水分は沸点が1〜2割高くなり、たとえ150度の油で揚げたとしても実際には120℃のお湯で調理している状態になるというわけです。

だから圧力鍋で揚げるとあの柔らかさと食感が得られるとともに、独特な美味しさになるんですね。

もちろん、あのホンモノも、家庭用圧力鍋と同じ原理の「圧力フライヤー」という、大きな圧力釜を使って作られています。
  
同じケンタミックスを使っても、圧力鍋を使わず、普通のから揚げのような揚げ方をすると、エッ?こんなにも違うの?って驚くほどです。


でも・・・・圧力鍋で油?・・・ほんとに大丈夫なの?・・・・      

ご安心下さい。家庭用の圧力鍋で安全に調理できるよう、親切丁寧な説明と調理のコツを商品裏面に詳しくご紹介していますから、しっかり読んで厳守して下さい。

市販の圧力鍋には、大量の油を使用する料理をしないようにという注意書きがありますが、加熱中に火をつけたまま放置したり、鍋をひっくり返したりする事による事故を想定してか、メーカーとして注意を促す義務があるとの判断から、工業会が義務づけているそうですが、圧力をかけて加熱する事で油が吹き出したり破裂したりする訳ではありません。油が跳ねて火傷するようなことがない分、むしろ安全な面もあり理想的な調理法であるといってもいいくらいだと思います。本品裏面に記載の注意事項をしっかり守って頂ければ、意外と簡単に、且つ安全に調理できますよ。

ちなみに、あのカーネルおじさんも、最初は同じような家庭用の圧力鍋を使っていたというのは前述のとおりです。
そしていよいよ販売開始
kenta001001.jpg
卵と牛乳のミックス液に
     鶏肉をくぐらせ
フタをし、強く振ると、
ケンタミックスと
 鶏肉を深めの密閉容器に入れて
圧力鍋で揚げればこのとおり!
手を汚さずきれいにまぶせます。
圧力調理をしない場合では、いわゆるケンタ風にはなりません。
味も風味も全く異なった仕上がりになります。
このことを充分ご理解の上、自己責任に於いて調理法を選択して頂きますようお願い致します。
ケンタが美味しくできるわけ
ご注文はこちらから